新4K8K衛星放送を視聴するために

ポイント1

対応するテレビ、セットトップボックス(以下、STB)等が必要です 対応するテレビ、セットトップボックス(以下、STB)等が必要です

● 2018年5月以前に4K(対応)テレビ、8K(対応)テレビを購入された場合、テレビ単体では新4K8K衛星放送を視聴できません。新4K8K衛星放送対応STBもしくは対応チューナーが必要です。

● 新4K8K衛星放送対応チューナー内蔵テレビ(2018年6月以降に一部メーカーから販売開始)をお持ちの場合は、新4K8K衛星放送対応STB・対応チューナーは必要ありません。

※ 新4K8K衛星放送のうち、4K放送には対応しておりますが、8K放送には対応しておりません。

ポイント2

ご自宅のテレビの受信設備をご確認ください。 ご自宅のテレビの受信設備をご確認ください。

新4K8K衛星放送を全て視聴する場合、以下のテレビ受信設備の機器交換が必要となる場合がございます。
視聴するチャンネルによって必要な機器や設備が異なり、ご自宅の状況によっては各設備機器を変更する必要がございます。
あらかじめ対応可能か否かのご確認をお願いいたします。詳しくはスターキャットへお問い合わせください。

テレビサービスにご加入いただいていない場合はポイント❷の確認のほか、別途放送に対するアンテナ(BS・110度CS右左旋対応アンテナ)が必要となります。

チャンネル・設備早見表

早見一覧表をPDFでみる

早見一覧表をPDFでみる

☆CNCIグループでは新4K8K衛星放送のうち、上記のみ配信いたします。

  • ※1現行のBS放送全てのチャンネルを受信できていない場合など、テレビ受信設備の機器交換が必要になることがあります。

よくあるご質問

  • 「4Kテレビ」「4K対応テレビ」などはどういう意味ですか?

    メーカー団体(一般社団法人 電子情報技術産業協会)では以下のように定めています。

    4K対応テレビ

    現在放送されているデジタルハイビジョン放送を受信でき、かつ外部から入力された4K映像信号を4K本来の画質で表示できるテレビ

    4Kテレビ

    4K対応テレビの機能に加え、衛星による4K放送、IPTVによる4K放送・配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)の内、1つ以上の受信機能をテレビ本体に搭載しているテレビ

    8K対応テレビ

    現在放送されているデジタルハイビジョン放送を受信でき、かつ外部から入力された8K映像信号を8K本来の画質で表示できるテレビ

    8Kテレビ

    8K対応テレビの機能に加え、8K放送をテレビ本体で受信可能なテレビ

  • 新4K8K衛星放送は無料なのでしょうか?

    放送料の追加はございません。(一部有料放送に関しては別途費用が発生いたします。NHKの受信料は変わりません)

  • 今使っているSTBでそのまま新4K8K衛星放送は見られますか?

    ご覧いただけません。新4K8K衛星放送に対応したSTBへの交換もしくは市販の外付けチューナーが必要です。詳しくはスターキャットもしくは電器店にお問い合わせください。