TOP

日本映画専門チャンネルHD

日本映画専門チャンネルHD(465ch)

≪映画ファン必見の話題作の数々を絶賛放送中!
「日曜邦画劇場」は最新作中心に、「市川崑劇場」「蔵出し名画座」などクラシック特集に加え、
「倉本聰劇場」「山田太一劇場」と銘打ち日本ドラマ屈指の名作もお届け!≫

公式サイト

おすすめ番組

【12.16「花筐/HANAGATAMI」公開記念 24時間まるごと 映像の魔術師・大林宣彦】「この空の花 長岡花火物語」

(C) 2011 「長岡映画」製作委員会 PSC

【12.16「花筐/HANAGATAMI」公開記念 24時間まるごと 映像の魔術師・大林宣彦】「この空の花 長岡花火物語」

「世界中の爆弾を花火に変えて打ち上げたら、世界から戦争がなくなるのにな―。」新潟県長岡市で毎年8月に開催される花火大会をモチーフに、いくつもの苦難を乗り越えてきた長岡市の歴史と人々が花火に託した想いを描く、渾身の「古里映画」。大林宣彦監督が、初の全編デジタル撮影で映画のさらなる可能性を切り拓き、現在と過去、虚構と現実の垣根を超え、平和への祈りを託す。2011年、夏天草の地方紙記者である玲子(松雪泰子)は、東日本大震災の際、被災者をいち早く受け入れた長岡市に取材にやって来た。しかし、彼女をこの地に引き寄せた理由はもう一つあった。それは、かつての恋人で高校教師の健一(高嶋政宏)から届いた、長岡の花火を見てほしいという手紙だった。そして玲子は行く先々で不思議な体験を重ねていく―。その体験のほとんどが実際の長岡の歴史と織り合わさっていると気づいた時、物語は過去、現在、未来へと時をまたぎ、死者と生者の境もなくなり、役者とモデルとなった人物が混在する、誰も体験したことのない大林ワンダーランドへ誘われることになる。※22日(金)21時から大林宣彦監督作品と特別番組を24時間一挙放送

TV初登場

キャストなど
【監督】大林宣彦 【出演】松雪泰子、高嶋政宏、原田夏希、猪股南、寺島咲、筧利夫、尾美としのり、草刈正雄、柄本明、富司純子
放送日時
12月17日 23:45 / 【再】23(土)、27(水)、29(金)
【12.16「花筐/HANAGATAMI」公開記念 24時間まるごと 映像の魔術師・大林宣彦】「花筐/HANAGATAMI」公開記念 大林宣彦×岩井俊二×常盤貴子 特別番組

(C)日本映画専門チャンネル 撮影:大川晋児

【12.16「花筐/HANAGATAMI」公開記念 24時間まるごと 映像の魔術師・大林宣彦】「花筐/HANAGATAMI」公開記念 大林宣彦×岩井俊二×常盤貴子 特別番組

映像の魔術師・大林宣彦。映画人生の集大成として最新作「花筐/HANAGATAMI」を完成させたいま、自ら対談相手に選んだ岩井俊二、そして「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と、近作の大林監督作品に続けて出演している常盤貴子に何を語り、何を伝えるのか―。※22日(金)21時から大林宣彦監督作品と特別番組を24時間一挙放送

キャストなど
【出演】大林宣彦、岩井俊二、常盤貴子
放送日時
12月22日 21:00 / 【再】23(土)、28(木)
【12.16「花筐/HANAGATAMI」公開記念 24時間まるごと 映像の魔術師・大林宣彦】「HOUSE ハウス」

(C)東宝

【12.16「花筐/HANAGATAMI」公開記念 24時間まるごと 映像の魔術師・大林宣彦】「HOUSE ハウス」

「楽しいはずの少女たちの夏休みが、人喰い屋敷によって血に染まる―。」数々のCMを手掛けた大林宣彦監督の記念すべき劇場映画デビュー作であり、様々なテクニックを駆使したポップな映像で彩られるファンタジーホラー。監督の愛娘のイメージにヒントを得て製作された。7人の少女が生き物のような「家」に、次々と食べられてしまう物語を、様々な特撮を駆使して描く。夏休みに、オシャレ(池上季実子)、ファンタ(大場久美子)、ガリ(松原愛)、クンフー(神保美喜)、マック(佐藤美恵子)、スウィート(宮子昌代)、メロディー(田中エリ子)の7人の少女は、おばちゃま(南田洋子)に会いに羽臼(ハウス)屋敷へ行くことになる。そこは静かな森の中の古びた一軒家だった。少女たちは楽しく語らい食事をするが、やがて次々と姿を消してゆく・・・。※22日(金)21時から大林宣彦監督作品と特別番組を24時間一挙放送

キャストなど
【監督】 大林宣彦 【出演】池上季実子、大場久美子、松原愛、神保美喜、笹沢左保、宮古昌代、南田洋子
放送日時
12月22日 22:00 / 【再】23(土)、25(月)
【週末“イッキミ”ドラマ】64 ロクヨン(全5話)

(C)NHK

【週末“イッキミ”ドラマ】64 ロクヨン(全5話)

映画化もされた横山秀夫のミステリーを、大森寿美男の脚色で連続ドラマ化。本格的ドラマ初主演を果たすピエール瀧が、演技派相手に“受け”の芝居が続く中でも特異な存在感を発揮し、警察組織の様々な矛盾を強烈に体現する。地方県警の刑事部から警務部の広報官に異動となった三上(ピエール)。広報室と記者クラブが、加害者の匿名問題で対立する中、時効の迫った重要未解決事件「64( ロクヨン)」の被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定した。わずか7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた、県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。だが、殺害された少女の父・雨宮(段田安則)は慰問を断固拒む。

CH初登場

キャストなど
【出演】ピエール瀧、木村佳乃、柴田恭兵、段田安則、新井浩文、吉田栄作、中原丈雄、永山絢斗、山本美月
放送日時
12月23日 22:00

ご視聴可能プラン

  • ミニ月額2,200円 + 日本映画専門チャンネル月額700円 = 月額2,900円
  • ライト月額3,500円 = 月額3,500円
  • 劇スポ月額3,800円 = 月額3,800円
  • レギュラー月額3,800円 + 日本映画専門チャンネル月額700円 = 月額4,500円
  • マックス月額5,300円 = 月額5,300円
  • ※記載金額は税抜価格です。ご請求時に別途消費税が加算されます。

お問い合わせ