超好奇心がある人 2015年入社 映像メディア本部 編成部 制作課 大島 優 お客様が笑顔になる番組づくりがやりがいです。

01
入社のきっかけ

いちからチャレンジできるケーブルテレビに興味がありました。

大学で学生放送局というサークルに所属して、学内で放送するラジオ番組をいちから企画し、制作していました。
大学祭では、ラジオ喫茶を催して、いろんな人に来てもらえたとことが楽しかったです。
どんな番組なら楽しんでもらえるかいつもワクワクしながら考えていました。
最初から最後までチャレンジできることが魅力で、たくさんの経験をすることができました。

ラジオ番組を制作するなかで、今度はテレビ番組を作ってみたいという気持ちが生まれ、取材から放送まで全てに携われるケーブルテレビ業界に興味が湧き、入社を志望しました。

02
現在の仕事

企画もキャスターも全力で楽しんでいます。

今は地域のニュース番組を担当していまして、コーナーの企画を考えたり、カメラを抱えて取材に行ったりすることが多いです。
また、自分で取材に行き、原稿を書いて編集したニュースを地域の皆さまに伝えるキャスターの仕事もしています。

大変なこともありますが、地域密着のケーブルテレビだからこそ、いろんなことにチャレンジできる環境にやりがいを感じています。
もともと制作志望で入社しましたので、まさにやりたい仕事をやらせていただき、毎日を楽しく過ごしています。

03
一番思い出に残っているエピソード

お客様からの反響がやりがいです。

自分が作ったニュースを観た視聴者の方から「上手く撮ってくれてありがとう!素敵なニュースになっていてすごく嬉しかった!」とか、「この前の放送よかったよ!」といったお言葉をいただけたことが思い出に残っています。
視聴者の方から「ありがとう」をもらえる時が、一番の喜びで、やりがいを感じる瞬間です。

これからも地域の皆さまに喜んでもらえる企画を考えて、届けていけるようにがんばります。

04
未来の展望

仕事や自分の成長に活かせることにチャレンジしていきたい。

いろいろな番組のディレクターにチャレンジすることで自分で責任をもって現場を仕切れるようになりたいです。
また、ニュース番組のキャスター以外にも、他のジャンルの番組MCやリポーターなどにチャレンジしたいです。

まだまだ学ぶことが多いので、話し方のレッスンに通ったり、気象予報士などの資格を取得したりしながら、自分の可能性をどんどん広げていきたいです。

05
スターキャットの魅力

丁寧な教育と面倒見のよい先輩が魅力です。

入社したころは、撮影用のカメラに触れたこともなければ、メディアのことも原稿の書き方も分からない状態でしたが、いちからしっかり教えていただき、質問にも丁寧に答えてもらえました。
本当によい先輩に恵まれていると思います。

教育体制がしっかり整っていて、面倒見がよい先輩がいる職場は、とても魅力だと思います。

06
充実のプライベート

友達と大好きなカフェでリフレッシュしています。

新しいカフェを見つけることが好きで、友達とよくカフェめぐりをしています。
基本的に休日はお出かけしてリフレッシュすることが多いです。

また、いとこがフィギュアスケートの選手でして、大会があるとよく応援に行っています。
大学生の時には、世界大会の応援で韓国まで行ったこともあり、今では趣味の一つになっています。

〜就職活動生へのメッセージ〜

自分の魅力を最大限に表現してみてください。

就職活動中は上手く話さなきゃ、良く見られなきゃといった意識になってしまい、余計に緊張することもあると思います。
私も考えすぎて、何度も挫折しかけたこともありましたが、あえて答えを用意せずに、目の前にいる面接官の言葉を真剣に聞いて、思ったことを素直に答えることで自分らしさを出すことができました。

悩むこともたくさんあると思いますが、いかに自分らしさを表現できるかが大切だと思います。
恋するように会社の良さを見つけて、相手に好きになってもらえるように自分の魅力を最大限に表現してがんばってください。

※社員の所属部署は2019年度時点の情報です。