ケーブルテレビ営業部門

テレビ、インターネット、電話などケーブルテレビのサービスをお客様にご提案する部門とコールセンターによる電話サポート、請求管理などお客様情報を管理する部門から成っています。

個人・法人営業

業務内容

  • 個人のお客様へのサービスの提案
  • イベント企画
  • ご加入者様のアフターフォロー
  • 法人や行政、集合住宅オーナーへのサービスの提案
  • ハウスメーカーに対しての導入提案
  • 量販店、賃貸仲介会社などの代理店との折衝業務
  • スターキャットプラザ、ショップの運営

業務の内容と魅力

個人向け営業のほか住宅メーカーやマンションディベロッパーなどの法人向け営業といった幅広いお客様にケーブルテレビの魅力を伝え、ひとりでも多くのファンを増やしていく仕事です。
広く様々な意見を取り入れる社風があるため、自らが提案すれば若くても責任のある仕事に携わることができます。
営業目標を達成したり自らが企画したイベントが成功したときには、非常にやりがいを感じることができます。

顧客管理

業務内容

  • お客様の情報管理(契約変更等)
  • お客様サポート業務(コールセンター)
  • 請求業務

業務の内容と魅力

お客様からのお問い合わせに対応し、より快適にご利用いただけるようサポートをおこなっています。
加入の申込みや番組の放送時間など、さまざまなお問い合わせがあり、お客様と会社をつなぐ窓口として重要な役割を担っています。
より多くのお客様が満足したサービスを利用していただけるようにお客様の声を集め、サービスに反映していくことができるとてもやりがいのある仕事です。

ここで働く社員を紹介

2002年入社
営業本部 北部局
北部営業所木内 奨

想い描いたビジョンを追い求めることが成長につながります。

営業職としてスターキャットの加入促進業務や施策の立案などを行っています。
また、地域のイベントにも参加させていただくことがあります。
ケーブルテレビという限られた地域での営業活動になりますので、エンドユーザーの方の声をダイレクトに聞くことができます。
お客様から「いつもこの街のためにありがとう」と言っていただくこともあり、微力ですが地域の活性化に貢献できることをやりがいとして業務に励んでいます。
もともと制作志望でしたので、志望の職種ではありませんが、制作の部門とも連動して施策を行うこともあるため、営業という職種でありながら、番組制作に関係する業務にも携わることができています。

どの会社でも入社してみると、想い描いたビジョンと違うと感じることがあると思います。
ですが、その想い描いたビジョンをいつまでも追い求めてみてください。
その過程が今後の自分の成長につながり、会社全体の未来にもつながると思います。

キャリアステップ
  • 1年目
    営業部 営業一課に配属

    主に戸建住宅向けサービスの営業担当として、お客様へのアプローチ、訪問説明、設備確認、工事手配まで一連の流れを実施。この時期にケーブルテレビ営業の基本を学ぶ。

  • 5年目
    営業部 営業開発課

    マンションのディベロッパーやオーナー、建物管理会社、建築業者に対し、ケーブルテレビサービスの導入提案を行う。

  • 11年目
    営業部 営業開発課 代理店営業チーム

    不動産管理会社、家電量販店、auショップ等の紹介代理店に対し、ケーブルテレビに加入したいというお客様をご紹介いただけるよう定期訪問を実施。同時に紹介代理店への来店誘導および、ケーブルテレビサービスへの加入促進を狙った集客イベントを定期的に企画、立案、実行。

  • 12年目
    営業部 営業推進グループ コンシューマ営業課

    個人のお客様への営業全般を行う。また、営業代理店と協力して営業活動を行い、その営業代理店の管理も担当。

  • 15年目
    営業本部 北部局 北部営業所

    名古屋市外のサービス提供エリアに特化した営業拠点として北部局が発足。個人のお客様向けケーブルテレビサービスの加入促進を担当。また、当地域でのスターキャットの認知度向上のためにイベントへの参加やショップ展開を推進。

  • 現在に至る

2002年入社
営業本部 CS推進部
営業管理課湯村 晶子

働きやすさを考える会社だから安心して働くことができます。

私は、サービス料金の請求などを行う課金管理チームを統括しています。
現在、3人の子どもがいるのですが、家族や会社メンバーの協力もあり、育児休業後もこれまでと同様の勤務体制で責任ある業務に就かせていただいております。
働きやすい環境が整っているおかげで、お客様からのご要望や問題などにも集中して取り組むことができ、充実した日々を送っています。
子どもがいる社員の中には、育児短時間勤務を利用して時間に融通のきく働き方をされている人もいます。
上司と相談して無理のない勤務体系を決めることができますので、本当に働きやすいと思います。

就職では、望んだ職種につけなくても、与えられた仕事に対して興味を持って挑む姿勢が自己を成長させてくれます。
希望の仕事が巡ってくるチャンスをつかむ為にも、チャレンジ精神をもって、ひたむきに頑張ってください。

キャリアステップ
  • 1年目
    営業部 営業二課に配属

    営業事務として勤務。お客様情報の登録や工事発注の手配、工事工程の管理、精算処理、サービス提案のアウトバウンドコールを行う。

  • 4年目
    第一営業部 営業四課

    集合住宅のお客様にサービスのご提案を行い、リーダーとして営業スタッフの管理も担う。

  • 6年目
    1回目の育児休業を取得
  • 8年目
    営業部 営業サポート課

    営業管理課にて、顧客情報システム入力業務のチームリーダーとして勤務。
    顧客情報システムへの入力およびチェック等を中心にチームを統括する業務を担う。

  • 9年目
    2回目の育児休業を取得
  • 10年目
    営業推進部 コンシューマ営業課 営業チーム

    集合住宅のお客様にサービスのご提案を行う。サブリーダーとして営業先リストの作成や、電話でのお客様対応等の内勤業務を務める。

  • 13年目
    3回目の育児休業を取得
  • 14年目
    CS推進部 営業管理課

    課金管理チームのリーダーとして勤務。入金・精算処理や、お客様情報の整備等の業務を務め、チームが円滑な業務遂行を実施できるよう改善策を投じている。

  • 現在に至る

ケーブルテレビ営業部門社員インタビュー

※社員の所属部署は2019年度時点の情報です。