TOP

WOWOWライブ

WOWOWライブ(BS192ch)

本当はその場にいたい、という方のために、スポーツと音楽とステージの現場から、感動と興奮をそのままお届けします。最高のライブエンターテインメントを体感してください。きっと忘れられない瞬間になるはずです。

公式サイト

おすすめ番組

宝塚への招待 「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

宝塚への招待 「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」

年に1度、宝塚歌劇団のスターたちが華やかに競演する「タカラヅカスペシャル」。2017年は専科、花組、月組、雪組、宙組のスターが集合したスペシャルショーをお送りする。日本初のレビュー『モン・パリ』誕生90周年を記念し、これまでの宝塚のレビューに焦点を当てたショーや、1年間の公演を振り返るコーナーなどバラエティ豊かなステージだ。 第1部では「ボンジュール宝塚」(『ザ・レビューⅢ』より)の大合唱からステージが開幕。そして「PARFUM DE PARIS」「シャンソン・ド・パリ」などフランス・パリにちなんだ名曲の特集や、各組が2017年に上演した舞台の主題歌で1年を振り返るコーナーをお届け。第2部では、轟悠のレビュー曲「夢の花すみれ」から始まり、メドレーや、トップ娘役4人による歌も披露される。フィナーレは、「モン・パリ」の大合唱、そして「すみれの花咲く頃」を歌い上げて締めくくる。

キャストなど
【出演】【専科】 轟悠 【花組】 明日海りお、仙名彩世、水美舞斗、柚香光 【月組】 美弥るりか、珠城りょう、愛希れいか、月城かなと 【雪組】 望海風斗、彩風咲奈、朝美絢、真彩希帆 【宙組】 真風涼帆、芹香斗亜、桜木みなと、星風まどか
放送日時
5月25日 21:30 / 【放送日】5月25日(土)21:30
伝説のウィンブルドンテニス ボルグvsマッケンロー

Getty Images

伝説のウィンブルドンテニス ボルグvsマッケンロー

テニス史上、最もメディアをにぎわせ、テニスファンを熱くさせる試合を繰り広げたライバル、ビヨン・ボルグとジョン・マッケンロー。1980年、1981年のウィンブルドン男子シングルス決勝で行なわれた世紀の頂上決戦の模様をお送りする。20歳でウィンブルドン初優勝し、4連覇の偉業を成し遂げていたボルグ。決して感情を表に出さないその姿から“氷の男”と呼ばれていた絶対王者に対し、天才的な才能を持ちながらも、不利な判定には審判にも怒りをあらわにし“悪童”とやゆされたマッケンロー。そんな正反対の個性を持つ2人の天才が、2度にわたって対決した伝説の決勝の舞台。感動と興奮が再び!

放送日時
6月24日 12:20 / 【放送日】1980男子シングルス決勝:6月24日(月)12:20 1981男子シングルス決勝:6月24日(月)16:50
宝塚への招待 「ドン・ジュアン」(雪組2016年)

《DON JUAN》 un Spectacle Musical de FELIX GRAY International Licensing & Booking of 《Don Juan》 NDP Project(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

宝塚への招待 「ドン・ジュアン」(雪組2016年)

スペインの貴族ドン・ルイ(英真なおき)の息子、ドン・ジュアン(望海風斗)は、女と酒、そして快楽を求め続けるプレーボーイで、放蕩ずくめの日々を送っていた。ある晩、いつものように女遊びを楽しんでいたドン・ジュアンは、騎士団長(香綾しずる)の娘に手を出してしまい、「娘を汚された」と怒った騎士団長から決闘を申し込まれる。闘いの果て、ドン・ジュアンが勝利を収めるが、殺された騎士団長は亡霊となってドン・ジュアンに付きまとい、「いつか、“愛”がお前への罰になるだろう」という呪いの言葉を突き付ける。 その後もドン・ジュアンは変わらず女と酒、快楽に溺れ続けていたが、そんな中、殺した騎士団長の石像を作る彫刻家の娘、マリア(彩みちる)と巡り会う。マリアを一目見て恋に落ちてしまったドン・ジュアン。しかし、マリアにはラファエル(永久輝せあ)という戦地へ赴いている婚約者がいた。

放送日時
6月29日 13:30 / 【放送日】6月29日(土)13:30

ご視聴可能プラン

  • ※記載金額は税抜価格です。ご請求時に別途消費税が加算されます。

お問い合わせ