• Search
  • Language
  • Menu

ご加入中のお客様

サービスサポート
テレビ
インターネット
電話
新規お申し込み
セルフページ
インターネットセルフページ
電話セルフページ

セットトップボックスでの録画について

地上デジタル放送およびBSデジタル放送と、CSデジタル放送(一部チャンネルを除く)には、コピー制御信号が付加されています。

デジタルサービスをご契約の方

地上デジタル放送・BSデジタル放送・CSデジタル放送(一部チャンネルを除く)は、「コピーワンス」対応となります。
(一部CSデジタル放送のアダルトチャンネルは「コピーネバー[コピー禁止]」となり、一切録画ができません。)

楽録サービスをご契約の方

地上デジタル放送・BSデジタル放送(WOWOW、スターチャンネルは除く)は、「ダビング10」対応となります。BSデジタル放送(WOWOW、スターチャンネル)・CSデジタル放送(一部チャンネルを除く)は、「コピーワンス」となります。
(一部CSデジタル放送のアダルトチャンネルは「コピーネバー[コピー禁止]」となり、一切録画ができません。)

コピー制御信号とは

デジタル録画について、著作権保護のために導入した制御信号のことです。

コピーワンス HDDに一度録画した番組は、ムーブ(移動)可能ですが、コピー(複写)はできません。
コピーネバー 録画ができません。
ダビング10 アナログ接続の場合は、コピー(複写)の回数制限はありません。デジタル接続の場合は、コピー(複写)は9回可能です。10回目はムーブ(移動)となります。

どんなデジタル録画機器でも録画可能?

「コピーワンス」、「ダビング10」のコピー制御信号が付加されているデジタル放送の番組は、コピー制御に対応した録画機器と記録メディアの組み合わせでデジタル録画ができます。
DVDについては、CPRM()対応の録画機器とCPRM対応のディスクで録画できます。

  • :Content Protection for Recordable Mediaの略で、DVD-Rなどの記録媒体に、著作権を保護する形で番組を録画するための仕組みを意味し、CPRMに対応していないDVDレコーダーやDVDディスクでは、「コピーワンス」、「ダビング10」のコピー制御信号が付加されているデジタル放送の番組を録画できません。

ご注意事項

  • VHSなどアナログ録画機器での録画や、アナログ放送の録画はこれまで通りです。
  • 詳細は各機器の取扱説明書やカタログなどで、ご確認ください。
  • コピー制御信号が付加された放送については、パソコンでご視聴・録画ができない場合がありますので、ご注意ください。

ブルーレイ・ディスクへ記録される場合のご注意

ブルーレイ・ディスク記録される場合、セットトップボックスとレコーダーの接続がアナログ接続の場合、著作権保護の制限がかかるため、ブルーレイ・ディスクへの記録はできません。
ブルーレイ・ディスクへ記録される場合には、i.Link接続にてセットトップボックスとレコーダーを接続してください。
また、セットトップボックスとi.Linkで接続するためには対応したレコーダーが必要となります。
セットトップボックスとi.Link接続が可能なレコーダーの情報については、Panasonicのサポートサイトにてご確認ください。