“なごやさい”ガレット

皆さんは「地産地消」という言葉を聞いた事ありますでしょうか?
地元で生産されたものを地元で消費する事なのですが、例えば野菜の場合は、輸送距離が少ない為、輸送にかかるエネルギーやCO2が削減出来ます。
新鮮なうちに食べられるので、栄養いっぱいでおいしい。
身近に畑があることで緑が守れる。など良い事がいっぱいあります。
今回は、地元名古屋の野菜を使って作る「“なごやさい”ガレット」のレシピをご紹介します!

食品ロス削減ポイント

  • 輸送距離が少ない地元産の食材を使うことで、新鮮な状態が長く続き食品ロスになりにくい
  • 生産者に声が届きやすい為、消費者のニーズが伝わり、作りすぎなどがおこりにくい

料理動画

材料(2人分)

じゃがいも
3個
人参
1/2本
春菊(小松菜)
1/4束
なごやっこ葱小口切り
お好みで
片栗粉
10g
適量(2g)
胡椒
適量
 
 
オリーブオイル
適量
カレー塩
カレー粉
小さじ1/3
小さじ1
ケチャポン酢
ケチャップ
大さじ1
ポン酢
大さじ1

作り方

  • [A]じゃがいも、にんじんは皮をむき千切りにし、[B]春菊(小松菜)は小口切りして、[A]と[B]は別々のボールに入れ、塩をして置いておく。野菜がしんなりし、水分が出てきたらギュッとしぼる。
  • ボールに1の野菜と片栗粉を混ぜ合わせ、小口切りしたねぎを加え混ぜ合わせる。
  • 温めたフライパンにオリーブオイルをしき、2を入れて丸く形を整える。蓋をして弱火でこんがり焼く。焼き色がついたらひっくり返し同じように焼く。(片面5〜8分くらい)
  • 焼きあがったら、カットし器に盛る。
  • カレー塩、ケチャポン酢はそれぞれ材料を混ぜ合わせれば出来上がり。

できあがり

“なごやさい”ガレット