STARCAT

COUNCIL

放送番組審議会

  • 放送番組審議会の概要

    放送番組審議会は、関係法令に定められた機関で、番組内容の充実・向上を目指すことを目的に放送開始の1990年に発足しました。現在各界の有識者8名の委員で構成され、6か月毎に会議を開催しています。

    • 放送番組審議会委員の紹介

      委 員
      • 名古屋市立大学大学院 教授

        栗原 康行

      • プランニングCanDo代表
        大同大学情報デザイン学科 客員教授

        森本 曜子

      • 東海テレビ放送(株) 報道部記者

        神谷 美紀

      • (株)シネマ雄 代表取締役

        酒井 真由実

      • 名古屋市 市長室長

        杉浦 弘昌

      • 名古屋市教育委員会事務局 教育次長

        太田  宜邦

  • 最新の議事録

    • 第113回放送番組審議会

      • 日時

        2022年6月13日(月)

      • 会場

        スターキャット伏見ミリオン座 4階会議室

      • 委員

        栗原康行 委員/森本曜子 委員/神谷美紀 委員/酒井真由美 委員/杉浦弘昌 委員

      • 議題

        • 前回のご意見振り返り
        • 2021年10月~2022年3月における主な取り組み番組の報告
        • 2021年10月~2022年3月における訂正・取消し放送およびお客様の声の報告
        • 「鉄道芸人が徹底ガイド!安全・安心 名古屋の地下鉄」について審議
      • 審議対象番組
        「鉄道芸人が徹底ガイド!
        安全・安心 名古屋の地下鉄」
        について

        • 番組概要

          普段何気なく乗っている名古屋の地下鉄。
          私たちが安心して乗ることができているのは線路や車両を修理・点検をしているから。
          作業員たちはどこまで作業しているのか?
          地下鉄の安心・安全を守る名古屋市交通局の向上に潜入し地下鉄の深いところまで徹底ガイド!

        • 委員の皆様からのご意見
          • カメラの性能もあがってキー局との差がなくなってきた。
          • 情報番組なのか、ドキュメンタリーなのかを明確にできると制作サイドのモチベーションもかわってくると思う。
          • 地下鉄(鉄道)の魅力がよくわからない人に向け、そもそもの鉄道の合理性(例えば線路)について説明してもらえるとよりわかりやすかったかも。
          • ナレーションが軽すぎず、重すぎず いい感じに仕上がっている。
          • 構成を3つに絞ってわかりやすかった。また、芸人を参加させることでわかりやすい印象だった。
          • 芸人の替え歌はもう少し工夫が欲しかった。
          • ナレーションのエコーが入った部分がよかった。
          • キレイな映像で音もよかった。小さいお子さんと一緒に見てもわかりやすいのでは。
          • 地下鉄の裏側がこんなことになっているとは知らなかった。
          • 地下鉄(鉄道)好きの人にはたまらない番組になっていると思う。
          • 地下鉄のアナウンスかと思ったら・・・最初から引き込まれた
          • はじめてみる映像などが見えて面白かった。
          • 整備のボルトが緩んでいると音が違う、どう違うのかもう少し音を聞きたかった。
          • 出演者のメトロさんはスタジオでの案内だったが、撮影現場が分離している。メトロさんに現場を案内してもらってもよかったのでは。
          • 現場の職員さんとの掛け合いがあってもよかったのでは。
          • 他放送局に負けない作りになっている。
          • 中身の工夫、展開がよくできている。テーマ毎、番外編、まとめ、おまけなど、少し期待感を持たせながら中身に展開していく点がよかった。
          • おまけ映像(替え歌)、エピローグとして楽しめた。
          • テロップについて、他は入っているのにナレーションの箇所に入っていないのが気になった。
  • 過去の議事録

企業情報